2010年06月10日

<民主代表選>菅直人氏選出 選挙モードへの突入を宣言(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相の退陣に伴う4日の民主党代表選で勝利し、午後にも衆参両院で首相に指名される菅直人氏(63)。市民運動を政治の原点に、国政選挙で3度の落選も経験したが、薬害エイズ問題追及で国民的人気を得た経歴を持つ。橋本龍太郎氏以降8人連続で政治家一族出身者が首相の座に就いたが、菅氏は「たたき上げ」を自任する。新しいトップのもとで、民主党は失った信頼を取り戻せるのか。菅氏の手腕が問われる。

 衆院別館5階講堂で行われた代表選。午後0時20分、「樽床伸二候補129票、菅直人候補291票」という投票結果が発表された。

 拍手に包まれた菅氏はすぐに立ち上がり、周囲に何度も頭を下げる。口は真一文字に結んだまま。座ってからようやくほっとしたように笑みがこぼれた。

 樽床氏とともに壇上に上がった菅氏は、2人で何度も握手してみせた後、「これからは一体となって目の前に迫る参院選を戦い抜くためにノーサイドの宣言をさせていただきたい」と、選挙モードへの突入を宣言。選挙に勝利し、本格政権樹立に強い意欲を見せた。

 樽床氏も続けて「菅新代表のもとで一つになって参院選を乗り越えたい」と短く呼びかけた。

 5階講堂には4日朝、多くの報道陣が詰めかけた。代表選は公開だったが、会場に入りきれなくなり、民主党本部関係者が午前10時半ごろ、「もう入れません。申し訳ありません」と、順番待ちをする記者らに告げて回る事態に。

 両院議員総会は予定通り午前11時に始まり、樽床氏、菅氏の順で立候補に際しての思いを訴えた。

 樽床氏は、「民主党は大きなピンチにある。ピンチをチャンスに変えていくのが代表選の最大の意義」と、右手に持った紙を振り回しながら、強い口調で訴えた。

 次に壇上に立った菅氏。冒頭、鳩山氏と小沢一郎前幹事長に対して「指導力があったからこそ民主党政権は誕生した」と感謝を述べた後、3回の落選経験や厚相として薬害エイズ問題にかかわったことなどを改めて紹介した。

 代表に就任した後の最も大事なテーマとして「政治とカネ」を挙げ、「全議員、全党員が襟を正していかねばならない」と党内の実力者である小沢氏を強くけん制してみせた。

 両院議員総会を終えた新人議員からは、菅氏のリーダーシップに期待する声が集まった。菅氏に投票したという衆院議員、横粂(よこくめ)勝仁氏は「新しいリーダーとして、この日本を力強く引っ張ってほしい」と話し、福田衣里子氏は「私たち新人の意見も反映されるような政治を」と注文を付けた。また、加藤学氏は「クリーンな民主党という原点に立ち返ってほしい」と話した。

【関連ニュース】
民主代表選:菅直人氏を選出 首班指名へ
民主代表選:菅氏の決意に大きな拍手 問われる手腕
民主代表選:菅氏配布文要旨
民主代表選:菅氏、余裕の表情 樽床氏は若さ前面に
民主代表選:菅氏会見 改革に本腰、強調

「普天間どうなる? 」「無責任」=県民に驚き、厳しい声―沖縄(時事通信)
<囲碁>本因坊第3局控え前夜祭 奈良(毎日新聞)
官房長官、豪の調査捕鯨提訴に「極めて残念」(産経新聞)
窃盗被告、「別人」の可能性=防犯カメラ鑑定書を証拠採用―金沢地裁(時事通信)
鳩山首相辞意表明「非常に残念」―日医が見解(医療介護CBニュース)
posted by トクエ トモアキ at 22:04| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

リアル!最古級!縄文のビーナス出土(読売新聞)

 滋賀県東近江市の相谷熊原(あいだにくまはら)遺跡で、竪穴建物跡から国内最古級となる縄文時代草創期(約1万3000年前)の土偶1点がほぼ完全な形で見つかり、県文化財保護協会が29日、発表した。

 粥見井尻(かゆみいじり)遺跡(三重県明和町)で出土した同時期の2点の土偶と比べ、より写実的に女性の上半身を造形しており、同協会は「縄文人の精神世界を探る手がかりとなる」としている。

 土偶は高さ3・1センチ、最大幅2・7センチ、重さ14・6グラム。腕、足などはなく、体に厚みを持たせ、乳房や腰のくびれを明確に表現している。底は平らに仕上げられ、立たせることができる。草創期の自立する土偶は初めてという。首に小さな穴(直径約3ミリ、深さ約2センチ)がついた突起状の部分があり、頭部を表現したか、別に作られた頭部(未発見)との接合痕とみられる。

 竪穴建物跡は5棟見つかり、直径5〜8メートル、深さ0・6〜1メートルで、いずれも残りがよかった。この時代の集落は、全国で50か所以上確認されているが、近畿2府4県では初めてで、平均(直径3〜5メートル、深さ0・3〜0・4メートル)より、床面が深かった。

首相は近日中に退陣=社民・又市副党首(時事通信)
<鳩山首相辞任>辞意に驚きの声 民主党両院議員総会(毎日新聞)
共同文書でオバマ氏、首相に「感謝」…電話会談(読売新聞)
<口蹄疫>種牛49頭の殺処分容認 東国原・宮崎県知事(毎日新聞)
戻ってきた、二番底の恐怖(Business Media 誠)
posted by トクエ トモアキ at 15:13| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。