2010年06月04日

リアル!最古級!縄文のビーナス出土(読売新聞)

 滋賀県東近江市の相谷熊原(あいだにくまはら)遺跡で、竪穴建物跡から国内最古級となる縄文時代草創期(約1万3000年前)の土偶1点がほぼ完全な形で見つかり、県文化財保護協会が29日、発表した。

 粥見井尻(かゆみいじり)遺跡(三重県明和町)で出土した同時期の2点の土偶と比べ、より写実的に女性の上半身を造形しており、同協会は「縄文人の精神世界を探る手がかりとなる」としている。

 土偶は高さ3・1センチ、最大幅2・7センチ、重さ14・6グラム。腕、足などはなく、体に厚みを持たせ、乳房や腰のくびれを明確に表現している。底は平らに仕上げられ、立たせることができる。草創期の自立する土偶は初めてという。首に小さな穴(直径約3ミリ、深さ約2センチ)がついた突起状の部分があり、頭部を表現したか、別に作られた頭部(未発見)との接合痕とみられる。

 竪穴建物跡は5棟見つかり、直径5〜8メートル、深さ0・6〜1メートルで、いずれも残りがよかった。この時代の集落は、全国で50か所以上確認されているが、近畿2府4県では初めてで、平均(直径3〜5メートル、深さ0・3〜0・4メートル)より、床面が深かった。

首相は近日中に退陣=社民・又市副党首(時事通信)
<鳩山首相辞任>辞意に驚きの声 民主党両院議員総会(毎日新聞)
共同文書でオバマ氏、首相に「感謝」…電話会談(読売新聞)
<口蹄疫>種牛49頭の殺処分容認 東国原・宮崎県知事(毎日新聞)
戻ってきた、二番底の恐怖(Business Media 誠)
posted by トクエ トモアキ at 15:13| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。